事業概要

スマートウェルネス住宅等推進事業の全体像

高齢者、障害者、子育て世帯等の多様な世代が交流し、安心して健康に暮らすことができる「スマートウェルネス住宅」を実現するため、サービス付き高齢者向け住宅の整備、住宅団地等における併設施設の整備、高齢者、障害者、子育て世帯の居住の安定確保・健康維持増進に係る先導的な住まいづくりの取組みを支援する事業です。

スマートウェルネス住宅等推進事業

  • (1)サービス付き高齢者向け住宅整備事業
  • (2)スマートウェルネス拠点整備事業
  • (3)スマートウェルネス住宅等推進モデル事業(当サイトの対象事業)※

※当サイトでは、(3)の事業に関する情報を提供しています。

スマートウェルネス住宅等推進モデル事業の概要

スマートウェルネス住宅等推進モデル事業では、高齢者、障害者又は子育て世帯の居住の安定確保及び健康の維持・増進に資する事業の提案を公募します。
公募は、先導性が高い提案事業の部門(一般部門)と、健康の維持・増進に対応した事業の部門(特定部門)の2部門で行われます。(詳しくは 応募書式のダウンロード のページへ)

一般部門

高齢者等の居住の安定確保及び健康の維持・増進を図るため、先導性の高い事業の提案を募集します。
提案内容については、スマートウェルネス住宅等推進モデル事業として選定するにふさわしい先導性を有しているかどうか、学識経験者からなる評価委員会による個別の評価が行われます。

特定部門

住宅関係者が医療や福祉関係者等との連携による推進体制のもと、既存住宅の改修工事、及び改修工事前後の居住者の健康状況の変化等に関する調査への連携・協力などにより、高齢者等の健康の維持・増進に資する住宅の普及を図る事業の提案を対象とします。
提案内容については、募集要領において提示されている要件に適合するものとなっているか、評価委員会事務局による審査が行われます。